基礎科学実験Aの学期末の日程についてのお知らせです. 情報は必要に応じて更新しますので適宜参照してください.個別の事情で定められた期日等を守れないような場合は曜日の責任者に直接口頭で相談してください.

 

レポートの提出締切日(12月19日)

 正規割当実験課題(各自に予め割当られた実験課題10テーマを指します)のレポートの提出締切日は各曜日の第1回目の補充実験日となります.提出締切日を超過したものは原則として採点の対象にならない可能性があります.正規割当実験課題のレポートについて,提出できなかった,提出したが完成度が低い,不備があると自覚している,といった場合は補充実験の項を参照してください.

 補充実験レポートの提出締め切りは原則として各曜日の次回実験日になります.

 

補充実験について(12月19日)

 基礎科学実験Aでは,下記の日程で補充実験を2回実施します.人数を把握するため各曜日の第10回実験時に2F教員控え室前に申込用紙を置きますので予め記載してください

 担当者の都合により一部の課題ではいずれか一方の日程のみの実施とする場合があります.補充実験については以下も参考にしてください.

受講曜日 補充実験1 補充実験2
月曜昼クラス 2019年1月21日(月) 2019年1月28日(月)
木曜昼クラス 2019年1月17日(木) 2019年1月24日(木)
金曜昼クラス 2019年1月25日(金) 2019年2月1日(金)
[補充実験を受けた方が良い場合の代表例]
  • 正規割当課題を全て提出したが完成度が低いものが多いという自覚がある場合
  • 正規割当課題を全て提出したが大幅に提出が遅れたものが多い場合
  • 受理確認メールに「*」が付いていた場合
  • 補充実験を行うよう指示された場合
  • 欠席をしている場合
  • 正規割当課題のレポートを提出していない場合
  • 正規割当課題のレポートの締切日を超過した場合
  • 未割当実験テーマに興味がある場合
[補充実験に関するQ&A]
  • Q0: 補充実験は何でも好きな課題をやっていいのでしょうか?
    A0: いいえ.正規割当実験課題に1つでも受理されていないものがあれば,その実験課題を行う必要があります
  • Q1: 正規割当実験課題のレポートを提出していません.補充実験で未割当課題を行うことはできますか?
    A1: できません.提出していない実験課題を補充実験で行い,レポートが受理される必要があります.
  • Q2: 正規割当課題を欠席しています.補充実験で未割当の別課題を行いたいのですが?
    A2: A1と同じ回答になります.正規割当課題を行い,レポートが受理される必要があります.
  • Q3: 10回実験のレポートを提出した時は全て受理されているか分かりません.未割当課題をやりたいのですができますか?
    A3: 提出レポートが明らかに不受理になると予め分かっているなら別ですが,そういうことがなければ受理を見込んで未割当課題を受けてもかまいません.
  • Q4: 大幅に遅れて提出したレポートがあります.補充実験を受けなくても大丈夫でしょうか?
    A4: いいえ.減点されている可能性がありますので補充実験を行った方が良いです.この場合,提出レポートが受理されているなら未割当の実験課題を行っても構いません.
  • Q5: 未完成,完成度の低いレポートを提出しましたが受理されています.特に問題は起こらないでしょうか?
    A5: いいえ.減点されて受理になっている場合もあります.補充実験を行った方が良いです.この場合,提出レポートが受理されているなら未割当の実験課題を行っても構いません.
  • Q6: 受理状況確認で「*」が付いていました.補充実験をしなくても大丈夫でしょうか?
    A6: いいえ.「*」が付いている場合は補充実験を行ってください.ただし,補充実験を行ったからといって,全ての方について状況が好転することを保証するものではありません.
  • Q7: 再履クラスを受講しています.第2回目の実験から参加した場合の補充実験について教えてください.
    A7: 初回実験が欠席になっていますので,補充実験で必ず割当表の第1回実験のテーマを行いレポートを提出してください.
  • Q8: 補充実験のレポートの提出日はいつでしょうか?
    A8: 原則として翌週の実験日の当日,午後1時(再履クラスは午後2時以降から6時)です.
  • Q9: 受理状況で*がついたレポートが数通ありました.他のレポートは講評に呼ばれなかったので補充実験をしなくて大丈夫?
    A9: 悪いレポートを必ず講評に呼んでいる訳ではありません.補充実験を行った方が良いです.
  • Q10: 第X回の実験時に誤った課題を行ってしまいました.この課題は正規割当課題ではなかったのですが,このまま本来やるはずの課題を実験しなくても大丈夫でしょうか
    A10: いいえ.その回にやるはずだった課題を補充実験で行ってください.
  • Q11: 補充実験の申し込み時には受理確認で「*」が付くか分かりません.補充実験を申し込んで,その後に「*」が付かなかったので実験はやらないというのは大丈夫でしょうか?また,補充実験をやったけれどもレポートを提出しなかった場合は何か問題は起こるでしょうか?
    A11: 上のいずれにも該当していないなら,いずれも特に問題はありません.

 

試験について(12月19日)

 基礎科学実験Aでは下記の日程で試験を行います.単位取得の意思がある学生は必ず受験してください.

履修曜日 日 時 場 所
月曜昼クラス 2019年2月4日(月) 3限 旧C棟301教室
木曜昼クラス 2019年1月31日(木) 3限 旧C棟201教室
金曜昼クラス 2019年2月8日(金) 3限 旧C棟301教室

 

第10回以降のレポートの講評について(12月19日)

 補充実験日の午後3時から通常と同じく実験室内のモニタに課題ごとに対象者を掲示します.当日は,実験を行わない学生は補充実験者の邪魔にならないよう実験室外で待機し,講評の時間になってから実験室に来てください

 試験日は講評は行いません.また,試験日で基礎科学実験Aの全日程が終了しますので,当日に再提出を課すことはできません.レポートを未完成のまま最後に出すようなことがないようにしてください.

 

授業追加アンケートのお願い(12月19日)

 基礎科学実験Aでは今後の実験授業に関する改善に役立てる目的で,大学が行う授業アンケートに加えて,独自の追加アンケートを実施しています(昼間コースのみ).アンケートは WebClass 上で第10回目の実験日から各曜日の試験日(当日の午後6時)まで開示しています.皆さんのご協力をお願いします.

 

 

共通教育部自然科学部会物理教室